必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

冷たい平和?

27日の米国市場がメモリアルデーで、休日となったため、今日の東京市場も閑散な相場となりそうですが、ソロソロ反発局面に成ってきていると感じています。

まあお騒がせ男のトランプ大統領が「最後っ屁」をかましていく可能性を警戒し、今日は軟調な動きとなりそうですが、出国と同時に、市場に安心感が広がると思って居ます。

最大の理由は、やはり恐怖指数(米VIX指数)が15台まで低下している事で、決算発表が終わればこれ以上売る理由もなく、次の四半期決算を待つ動きに成る筈で、ここでは売られ過ぎた株の修正高を期待しています。

最も米中の貿易問題は例え一旦決着したとしても、根が深く、長期に渡り折に触れ蒸し返すの、見方が定着してきており、極端な楽観に偏ることもなさそうで、当分は「冷たい平和」として続き、その中での個別物色になりそうです。

従って当面は貿易摩擦に関係なさそうな、コアのような内需系IT企業などが物色されると思って居ますが、現在は中国関連として売られているDMG森精機なども拾い場かなと思って居ます。

理由は貿易関税が激化し、米・中とも輸入を制限して自国での工業製品の生産を増やそうと思えば、まず必要なのが両国とも工作機械だと思うからです。(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です