必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

中小病院待望のシステム?

人は株を買って下がり、損失を抱えた状態が長いほど、損が無くなったら売ろうと思う事が多く、過去に出来高が多く出来た価格帯には、大量の戻りを待つ売り物が控えているものです。

そして、戻り売りが全く無くなるのが「史上最高値」ですから、新値を抜けた株は売り物が少なくなり上げ易く、長期間下げ続けて居る株や、揉み合いの長い株ほど、戻り待ちの売りが多く、株価は簡単に上がりません。

むろん株価が下げ続けて居る企業でも、その後新値を取る事が有るわけですから、下がって居る株が全てダメだとは言えませんが、底値を当てるのは、新値を買って儲けるより遥かに難しく、初心者にはお勧め出来ません。

さて昨日保有しているコア「日本初のクラウド型電子カルテの提供開始」を発表しましたが、同社はチャート的にはあまり良いとは言えないのに保有していたのは、物凄く良い会社だと思って居るからです。

実際自分の保有している中で、企業としてのバランスが取れ、先見性もあり、確実な成長を遂げると思う企業を挙げればコアが筆頭で、しかも平九郎の重視する売りが出難く、上がり易い同族で固めた株主構成の面でも最高ランクです。

最も良い会社だから株価が直ぐ上がるとは限りませんで、実際昨年暮れに買って、一旦は結構上がったのですが、戻り待ちの売り物に押され、昨日まで低迷していました。

同社は、天頂衛星みちびきを利用した誤差7cmと言われるGPSシステムを既に開発済みですが、上記クラウド型電子カルテも収益化すれば、公的サービスの電子化が加速する現在なら、医療関連株として、今度こそ上がると思うのです。

しかし、株価的には戻り売りが出やすい水準での材料発表だけに、新値を抜けるまで、腰を据えた投資が必要になりますね。(^○^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です