必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

熱海の桜は満開

昨日は日経平均こそ108円の下げで収まったものの、最近の人気株だったマザースのサンバイオが臨床結果の不調から、一気に26%近い3,000円下げのストップ安気配で1200万株売り残りとなり、影響でその他の小型株市場もさながらミニブラックマンデーの有様でした。(TT)

反面昨日のNYダウはパウエルFRB議長の利上げ棚上げ発言と、米中貿易交渉への中国側の譲歩姿勢が鮮明化して来たことにより、434ドル高と大幅に上げ、今日の日経平均も反発しそうです。^^

最も、昨日崩れた小型株については上記のサンバイオが値段が付き相場が一段落付くまでは、波乱が続きそうで、小型株投資家には受難の時が続きそうです。

ただしバイオ株は、米中貿易戦争に無関係な事が投資家の人気を集めていた最大の理由な訳で、そのバイオから人気が離散すれば、貿易交渉における中国側の姿勢が軟化しているとしても、バイオ以外の米中貿易戦争とは無関係な株には注目が集まると思えるのです。

そして、その他の米中貿易損層とは無関係な株と言うのは、外ならぬ自分が保有している主力株達だと思っているので、この事態は結構楽観的に見ています。(笑)

さて明日からもはもう2月ですが、既に熱海の桜は満開で、有名な河津の桜祭りも10日から始まりますから、伊豆はこれから花の季節が続きます。

 

相場も花盛りとなって欲しいものですが、残念ながら相場の花が咲くのはもう少し先だと思っています。(^◇^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です