必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

熱海の桜は満開

昨日は日経平均こそ108円の下げで収まったものの、最近の人気株だったマザースのサンバイオが臨床結果の不調から、一気に26%近い3,000円下げのストップ安気配で1200万株売り残りとなり、影響でその他の小型株市場もさながらミニブラックマンデーの有様でした。(TT)

反面昨日のNYダウはパウエルFRB議長の利上げ棚上げ発言と、米中貿易交渉への中国側の譲歩姿勢が鮮明化して来たことにより、434ドル高と大幅に上げ、今日の日経平均も反発しそうです。^^

最も、昨日崩れた小型株については上記のサンバイオが値段が付き相場が一段落付くまでは、波乱が続きそうで、小型株投資家には受難の時が続きそうです。

ただしバイオ株は、米中貿易戦争に無関係な事が投資家の人気を集めていた最大の理由な訳で、そのバイオから人気が離散すれば、貿易交渉における中国側の姿勢が軟化しているとしても、バイオ以外の米中貿易戦争とは無関係な株には注目が集まると思えるのです。

そして、その他の米中貿易損層とは無関係な株と言うのは、外ならぬ自分が保有している主力株達だと思っているので、この事態は結構楽観的に見ています。(笑)

さて明日からもはもう2月ですが、既に熱海の桜は満開で、有名な河津の桜祭りも10日から始まりますから、伊豆はこれから花の季節が続きます。

 

相場も花盛りとなって欲しいものですが、残念ながら相場の花が咲くのはもう少し先だと思っています。(^◇^)

 

4 Comments

はにわ

平九郎さん、こんばんは。
期待の乗ったバイオ株はやっぱり怖いですね。業績の裏付けがなく期待だけで株価が維持される株は何年やっても手が出ないです。

ところでBOIももうすぐ1Qですね。中期以上で考えているので、売り買いさせたくないのですが、新情報がない以上、既存タイトルの単純な実績だけでは上積みが見込めず見栄えだけでいったん売られそうなのがイヤなところです。仕込み終わってると株価が高い方が精神的にはやっぱりいいんですよね。もう少し高い水準で安定してくれてたら気持ちも楽なんですが。投資歴15年もなるのに成長しませんわ(笑)

返信する
heikurou

はにわさん
BOIはロックアップが外れたサイバーエージェントが売ったため、一時的に需給が崩れ、株価が低迷していますが、直近で肉親に買い増しさせた位で特に心配はしていません。
セルランが落ちているため、決算も心配している人が多そうですが、稼ぎ時の決算だけに心配するほど悪くはないでしょうし、ミストラフィアの発表から既に1年半以上経過していますから、新作発表も近いでしょう。
また中国もネットイースが買いに来たのは当局の審査に通ると思ったからでしょうから、これもいつ認可が発表されるか分かりません。
また樋口社長は中国展開に過大な期待は抱いていませんから、期待外れの減益と言うことも無さそうで、信用残の整理さえ出来れば、株価は持ち直すと思っています。(^◇^)

返信する
はにわ

見解ありがとうございます。
足元の業績で見るべき会社ではないし、私もそこでは評価してないのですが、人間なので単純に売られるのがイヤなんですよね(笑)

信用残には私の未現引きのものも寄与しているので、心が痛いところです(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です