必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

インフルは儲かる?

発熱後病院に行くと、やはりインフルエンザと診察され、一回飲むだけで済むと言う新薬を勧められ了解すると、「ゾフルーザ」と言う昨年でた新薬を処方されました。

家に帰って早速お湯で飲んで30分ほどした後、熱を測ると、既に平熱まで下がっているので、何かの間違いだろうと3度も測り直したのですが、やはり36度半ばの平熱だったので、これは「神薬じゃ~!!」とばかり、早速メーカーを調べると、塩野製薬が昨年発売した薬で、ネットでは既に相当な話題になっている薬で有ることが分かったので、即刻成り行きで100株買いました。(笑)

最もその後、再び夜38度近くまで上がる局面はあったのですが、24時間後には36.5度の完全な平熱で、体の痛みもほぼなくなり、復活出来ました。(^^♪

そして、その後も調べると、年初に同じような症例が身近にあり、極短期に回復したことや、有名なタミフルの子供への幻覚事例が思ったより遥かに多いことを知り、また吸入薬のリレンザ等は、子供は使いにくいと分かりました。

また友人の会社では20人ほどの部署で、6人がインフルエンザなっていると聞き、テレビでも学級閉鎖を伝え始めており、またインフルエンザの大流行は成人式と、新学期で急激に広がると知り、正しく「今でしょ!」と思った訳です。(笑)

しかも、昨日バンクオブイノベーションがが大幅に戻り、ファンドの体力も回復してきましたし、既に裁定残がカラッポで、急落は考えにくい状態な上、相場は戻りを試す展開ですから、今日は塩野義の買い増しを考えています。^^

モットもインフル薬は冬が旬であり、年間を通した、販売が出来る訳ではないので、「今四半期の決算が出る前」までの相場と割り切った信用での買いとなります。(^◇^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です