必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

よそうはよそう!

昨日のNY市場は608ドル安(2.41%)ながら、ナスダックは329ドル安(4.43%)と、さらに大幅な下げとなり相場の変調を感じさせていますが、引け後に発表された、マイクロソフトの決算は予想より良くて、4%ほど上昇していると言いますから、明日の予想は難しいです。

でもって、ここで持ち出すのは友人から聞いた、「ヨソウはよそう=予想は止そう」で、どうせ当たらないなら、予想で動くのは止めることです。(笑)

問題は画像のNYダウ平均のチャートを見れば分かるように今回下げたと言っても、株価の位置がまだ極めて高いことで、しかもFRBは利上げを継続中であり、トランプの貿易戦争のお蔭で、米国物価に上昇圧力がかかっている以上、止める気配がない事でしょう。

従って、現物だけの日本の投資家なら、ここは「何もしない」か、「NYや、金利がどうあれこの値段なら買いたいと思う株を買うべき」であり、短期的反発を予想して動くのは日計りだけにした方が賢明でしょう。

むろん信用取引などを利用してガツンと買えば、明日大幅に戻り、大儲けできる可能性も有りますが、失敗すれば投資家としての命取りになる可能性も有ります。

信用を使って良いのは、己のポジションが有利な場合だけであり、「一か八か」状態で信用など使っていては、投資家の命は幾つあっても足りないのです。

人生において、大勝負が必要な場合もありますが、それは、今ではないでしょうね。(^◇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です