必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

マインドコントロール

週末に伊藤忠を再び信用で買ってみました。

含み損があるうちは信用を使わないのがルールだったはずなのに信用を使ったのは、週末の損出しクロスで保有株が皆、含み益に替わったからです。^^

おかげで、今年の実現益の過半は飛んでしまいましたが、一応ファンドの見た目は含み益ばかりの状態で、この相場の中では天才的運用者みたいです。(笑)

むろんクロスですから実態は全く変わらない訳ですが、違うのは含み損を出すことで、税金が戻ってきて、手元資金が増える事と、自分の気持ちが、ポジティブになれることです。

すなわち、「今年の実現益はなかったことだよ~!!」として、現在の損と相殺し、現状を上手くいっていると錯覚させ、自分にマインドコントロールを掛ける訳です。(笑)

最も前提には、保有銘柄に対して自信があり、現状の下げが保有株のファンダメンタルを表したものでないと考えるから出来る訳ですが、相場に「理不尽な下げ」がある以上、此方も「不条理」で対抗しようと言うことです。(笑)

また平九郎が信用で買った株を直ぐ投げるのは、別に銘柄の将来性を悲観しているからではありませんで、テクニカル的に少しでも安く買い直せるチャンスがあると思うからで、売ったからダメと言うことではありませんから、何度も売り、また買い直すことに躊躇は有りません。

そして、保有銘柄を常に含み益の状態を保つことで、精神的に楽な状態を作り、相場の見方を冷静にみれる精神状態を保つわけです。^^

むろん、強靭な精神力を持つ人は、こんなことをする必要は全くありません。(^◇^)

2 Comments

さいとう

偶然、3814 木曜寄り付きでまとまった成り気配がみられたのでひょっとしたらと思ってましたがやっぱりでしたか。刺激受け私も含み損出ていたゴミ数銘柄(ゲーム関連やリスモン等)を金曜に一気に切り、現保有分はすべて含み益&有配の主力数銘柄のみとしました。譲渡益分はある程度剥ぎ取られましたが気分は確かに爽快。年も年だし今年からインカム狙いにシフトしよっかな。血圧にもよさそうだしー(笑)。

返信する
heikurou

さいとうさん
血圧に良いことだけは間違いなさそうですね。(笑)
此方は残念ながら再・再度、伊藤忠の信用は投げる羽目に陥りました。
信用は3回買って3回投げました。(TT)
まあ何年やっても思う通りにはなりませんね。(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です