必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

NYダウ10年チャート

昨日のNYダウ平均は545ドル安と続落し、しかも殆ど戻しの無い水準で引けていますから、エリオットの波動論で言えばまだ下げの第1波も終わってない感じです。(-“-)

しかし、今回の下げの主因と思われる米国債価格の下落は収まり、昨日の長期金利は低下していますから、ここから大きく下げるとも思えないのですが、さりとて買いに出る勇気もありません。(笑)

最大の理由はやはり株価の位置が圧倒的に高い為で、今回下げたと言っても高値から7%程度、長期チャートでみれば、まだ「下げたの???」の水準で、FRBが方針を転換するような規模の下げではないからです。

しかも現実を見れば、元々幻想だったかもしれない世界協調が「幻想」さえ雲散霧消し、世界の盟主であった米国は世界中に貿易戦争を仕掛け、大統領が常軌を逸した行動をとりながらも、議会と国民の支持率は結構高い状態です。

むろんトランプ大統領が永遠に続くわけではありませんから、どこかで修正が計られるとは思いますが、一旦覚めた「夢」を再び見るのが不可能なように、人々の本音がさらけ出された状態は続き、それは世界の「ブロック化」を推し進める事になるでしょう。

今回の株価の下げは、これまで米経済を牽引して来た「ネットの世界は1つ」を前提としたFANG等の成長性への疑問を突きつけている面も強く、また世界中を巻き込んだ「大債券バブル」の終焉が迫っている(始まっている?)と考えるとどうも米国は強気になれないのです。

経済のブロック化が進むのは避けられないと思っていますが、それによって日本が「漁夫の利」を得る可能性もあります。

また反対に何方つかずの「コウモリ」として忌み嫌われる可能性もありますから、今は静かに見守りたいと思っています。(^◇^)

5 Comments

PBY元気小僧

こんにちは。
夜中にパソコンの前で寝てました。今日は頭がグワンぐわん。考えても分らんので、感じようとしても、なにも感じません。へへ。

もうすぐ決算で、そこで、時々未達の決算だすことあるんで、それまで追加投資は控えることにしました。スーパーグロース株なんで、一回ぐらいの決算のミスは、大目に見てくれます(一時的な下げで許してもらえる)。
トランプによると、下げはFRBのせいらしいです。(たしかにインフレ率は、ぜんぜんあがってないですが。)
あんたらの、せいやろが!https://www.newshonyaku.com/usa/20181009
戦争時ゃ、戦争じゃー。

返信する
かめ

そういえば今年はリーマンショックから10年目ですね
だいたい10年周期で暴落が来てますが、ドンピシャで今年なのか気になります
個人的には来年辺りな気がしますが

返信する
heikurou

かめさん

10年前のリーマンシックの時は暴落する株を放置して、一族の用事に奔走していましたが、お蔭で相場に悩むこともなく過ごせたものです。

まあ暴落時にやることは、ひらすら個別株の内情が変わってないかを確認することで、変わってなければそのまま放置します。(^.^)

返信する
PBY元気小僧

こんばんは。
いまんとこ、昨日の星が、典型的な明けの明星となりそうですが、三羽鳥が表れても平気で上昇することの方が多く、酒田五法もアメリカでは、あんまり、、、。

ぼちぼち、やります。

返信する
heikurou

元気小僧さん

此方はなにもしない積もりでしたが、結局は再び伊藤忠を信用で少し買ってみました。

まあ流石にこんな時は流動性がある株以外は手を出せませんで、伊藤忠になった訳ですが、これで負けるようなら本当にお休みです。(^◇^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です