必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

見切り千両 損切万両

初心者にとって売りで一番難しいのは、「損切」でしょう。

長年見ていると購入した株の値段が下がり、塩漬けにしたまま、勉強もしなくなり、結果投資家として死亡する人が一番多いです。

此れを防ぐには、最初に損切ラインを10%などと決めておくことですが、実は自分では決めていません。(笑)

ただ損切は大得意と言って良い位で、損切が出来ない訳ではなく、自分の場合は、購入した金額が1銘柄なら全損(倒産)でも、生き延びれるように考えながらやっています。

そして十分に調べ、自分の考えが正しいと思えば、保有を継続しますし、間違いがあったり、新たな知識や材料で考えを変えれば大損していても損切します。

株を買う時は皆儲ける積りで買いますから、損する時の時を考えないものですが、実は株の塩漬けほど、投資家を目指すものにとって有害なものはありません。

これは冒頭に書いたように「考えなくなり、勉強しなくなる」ことで、進歩が無くなるからです。

株は銘柄が分れば儲かるものでは有りませんで、例え同じ銘柄を100人が同一日に買っても、100人が100通りの結果を出すものです。

一番大事なのは、自分の頭で考え、自分で答えを見つけることです

勉強もせずに金を儲けようとするのは、所詮無理なので、メモは「気付き=ヒント」を見つけて貰いたいと思っているのです。(^○^)

 

 

以上は以前書いてアップを忘れていたメモで、昨日発見したので、急遽アップしました。

手抜きで申し訳ありません。(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です