必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

招かれざる客ウルフ!(TT)

昨日は日経平均が237円安と下げた中で、バンク・オブ・イノベーション(BOI)は「そんなの関係ねえ!」とばかり127円高と、なにやら動意付いて来ました。^^

これで今後は、出来高60万株(昨日合計100万株=VC売却分を含めた予想浮動株)、大引けでの1980円(上場来平均売買価格)以上を達成すれば、初めて大相場のスタートが切れると判断しています。

とは言っても昨日は得に材料が出た訳でもないため、言わば「自然発火」的な割安株物色の上げなら、爆発高も考え難く、通常なら材料が出るまでは売りもの薄の中でのジリ高を予想します。

また11月半ばには出る予定の本決算ですが、増額修正は間違いないと思って居ても、来期予想となると同社は「固め予想を明言」しているだけに、低めの予想が出てくるでしょう。

結局材料が出ない限りは「ミトラスフィア」のダウンロード数と次ぎのゲームへの期待が膨らむだけの状況で、しかも世界情勢から隔離されたようなスマホゲーム株だけに「下げ要因が見当たらない」のです。

従ってこんなレベルで「売り」を考える必要はないので、ここは心を穏やかにして、静かに時を過ごすのみと考えていました。

と・

と・こ・ろ・が昨日、卑猥な発言を連発することで有名なトレーダーのウルフ村田がBOIを「明確な大口参加銘柄」と頼みもしないツイートをしたのです。(TT)

しかもさらに調べると昨日は夕刊フジ系のサイトZAKZAKで、BOIの推奨がされており、昨日の株価上昇で今日はさらにイナゴが寄って来そうなのです。

貿易戦争の嵐が吹き荒れる中、「そんなの関係ねえ!」のBOIは、イナゴにとっても食べやすい株ですし、クリスマスを控えたこの時期はゲーム株が注目を集める時間帯でもあります。

イナゴの大軍が集まれば、暴騰もある代わりに急落もありますから、今後はこれまで以上に会社の実態を見据え、株価が短期間で余りに行き過ぎと判断すれば、一部は売却も考えます。(^◇^)

 

注:短期の投機家が集まり始めた感があり、株価が乱高下することも考えられます。投資は会社の実態を見据え、ネット情報等に流されることなく、自己の判断と責任で行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です