必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

大化けを狙う10ヶ条

(昨日メモの日付が混乱したので修正しました。ご了承下さい)

さて今日は、以前アップしたこともある、平九郎の「大化けを狙う銘柄10ケ条」の「最新版」で、バンク・オブ・イノベーションを照合してみました。^^

1.時価総額が100億円以下の小型株 (昨日現在70億円で合格)

2.チャートが長期揉みあい離れか、上場後まもなくで、上値のシコリも信用残も少ない。 (7月に上場したばかりで合格だが、信用残はやや多い)

3.為替や金利、原材料価格等に関係なく成長中、又は成長が予想できる。

(金利や為替、トランプや金正恩やにも影響を受け難く、成長が期待できるため合格)

4.時流と国策に沿い、反社会的でない加速度的利益増が予想できる。

(対象者が多いスマホゲームは今後の主流で、現状のダウンロード数の伸びと今後の海外展開なども含めると加速度的利益が期待できるので合格)

5.売り上げの伸びが続いている企業かまたは、新規事業の開始等で伸びる事が期待できる。 (売上利益とも急増中でさらに増額修正が期待でき、予定されるのゲームの発売が控えて居るので合格)

6.大株主に投資事業組合や、ベンチャーキャピタルの名前が無く、投信の保有比率は10%未満のオーナー系企業で、オーナーの上昇志向が高い。 (現状ではベンチャーキャピタルの名前が複数出ているが、メモに書いたようにほゞ売切ったの判断で合格)

7.事業の対象人数が多く、かつ誰にでも分かりやすい事!

(海外も含めれば対象人数は膨大で、しかも分かり易いので合格)

8.参入障壁が高いオンリーワン企業か、ライバルが少ない企業。

(ライバルは多いが、ランキング上位を連続で維持しているので合格)

9.近く大きな材料・イベント(カタリスト)が予想できる。(ダウンロード数の発表に、増額修正が期待できる決算発表と新作ゲーム発表が予定され合格)

10.経営者に信頼感が有り、人材や原材料などの資源調達の制約が少ない企業。

(社長の樋口氏は製品への拘りの強い有能なプログラマーとの判断をしており、売り上げの伸びに伴って増える資源的制約はないので合格)

とまあ2番目の後ろに書いた信用残がやや多い以外、全て合格の判断をしました。

株価はやや多い信用残の戻り売りを熟す段階ですから、昨日は反落しましたが、世界の政治経済が波乱含みの中、あらゆる悪影響から隔離されたような同社の揉み合いは左程長くはないと思って居ます。

長年投資をしていて、これだけ条件が揃った事は初めてと言って良く、これで投資しなかったら10か条等意味がない為、主力以外の銘柄を削減して思い切った投資に踏み切りました。(^◇^)

 

注意:上記は平九郎の判断であり、読者の投資に当たっては必ず、ご自身で調べ、確認して、自己責任で行うようお願い致します。^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です