必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

デブに効く薬。

注目していたエーザイが新値追いとなって来ましたが、此の所の話題になっていた認知症治療薬の他に、発売済み肥満症治療剤が、その後の安全性評価で、良好な結果が確認できたと発表しました。

って、これはボケの他にデブに効く薬も持っていたのかと、改めて同社を評価しなおしましたが、やはり株の材料は分かり易い事が大事です。(笑)

要は材料が分かり易ければ分かり易いほど、ボケにも、デブにも素早く伝わり株価の動きが早くなる訳で、両方必要な平九郎としては見逃せない材料です。(笑)

最も薬品株などはネガティブな材料の発表でもあれば、値が付かずに急落することも多い為、安心できる訳ではありませんが、認知症薬の学会発表が25日と言いますから、学会発表前ならネガティブ材料が出る可能性は極めて低いです。

また現在株価は以前からの保有者全員が儲かっている段階ですから、急騰後の売りが一巡した段階で、今更売り急ぎするとも思えず、学会発表まで様子見に徹しそうですから株価は強いと思って居ます。

ただ学会で当面の材料が出尽くしとなるだけに、発表前に一度利食う事を考えています。(^○^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です