必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

投資家最大の敵は?

先週悲観していたファーストロジックは平九郎の期待には届かなかったものの、四季報予想よりは良かったことからか、前日比2円高で、しかも出来高を伴いましたから、底値感が出て来ました。^^

まあ予想は外れたので、半分はトントンで売りましたが、残りは暫く見守ってみます。

あと、システムディも予想が違った事への自分への罰として一度全て投げたのですが、中長期見通しは悪くないので、投げた値段より少し下で、1部再び買いを入れなおしました。

お陰で両者を利食った資金で買う積りだったチノーの買いは極少額で留まらざるを得なかったのですが、その後の中国やカナダの報復関税による貿易戦争懸念の高まりを見ると返って良かったのかも知れません。

とまあこんな感じで短期の売り買いをしていると、確実に嵩んで運用成績を下げるのが、手数料や金利などの費用で、長年通して見ると、大多数の人が手数料の金額だけ損して、儲けいるのが証券会社だけだったりします(笑)

むろん短期売買が上手くて、手数料を支払いながらでも資産を増やす人が居ないでは有りませんが、人工知能が短期売買に乗り出している現在では極少数であり、自分は儲けていると言う人も大きな上昇相場の期間だけという事が多いです。

自分でも上記のようなやり方をしていると儲からないのは知っているのですが、売買事体を「楽しみ」としている側面が強いので止められないのです。(笑)

以前も書きましたが、これらを防ぐ為に頻繁に売買するSBI口座と、使い勝手が悪いが故に長期保有株を保管するカブコムの口座に分けている訳で、当然SBIの口座の金額は少なくしています。

投資における最大の敵は、気分で変わり易い自分なのです。(^○^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です