必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

今週の狙い目

北朝鮮にとっては理想的な米朝共同声明が発表され、トランプ氏の政治ショーが終わり、中小型株相場は19日のメルカリ上場に向けて、「待ち」の姿勢になりそうです。

ただ個人投資家はメルカリ上場に向けて、手元資金を厚くしていますから、初値買い勝負の喧騒が終われば、残された手元資金はマーケットに戻って来るでしょう。

その為倍率35倍と言われるIPOに参加する為に、資金を寝かすより、今はIPO終了後に市場に戻ってくる資金を狙って、14日に例年では最高決算となる第2四半期決算を出す予定の、システムディを買っています。

まあ結果は出て見なければ分かりませんが、どうもクジ運にも初値買いの度胸勝負にも自信がないので、仕方が有りません。(笑)

あと、14日に第3四半期決算を出すのは、以前底値買いを狙って失敗したファーストロジックですが、此方は四季報の下方修正により大ヤラレで、底値を狙う「愚」を改めて思い知らされています。(笑)

ただ「上場後5年未満程度の企業は、市場の評価が定まっていない為、底値狙いも有り」だと思っている事と、四季報の下方修正が行き過ぎた予想だと感じている為、再び今が底値と信じて買っています。

理由は四季報の下方修正にはスルガ銀行のカボチャの馬車事件が不動産投資に及ぼすマイナス影響を強く見すぎていると思われるの事です。

しかし同社のビジネスモデルは販売業者から物件掲載料を取るものですから、不動産が売り難くなれば、ファーストロジックにとっては好都合のはずなのです。

また同社の前半期の数字はキャッシュバックキャンペーンでの現金支払いの影響が2期合計で1億円は有りますから、キャンペーンが終了した今期は少なくとも5000万円は支払いが減ります。

むろんキャンペーンの成果が問題ですが、キャンペーンを行ったのは以前同様の事をして効果があったからで、今回も終了後に好影響が出る可能性は高いでしょう。

まあ此方の発表は14日15時過ぎで、結果が分かるのは15日以降ですが、今週はIPOを追いかけることなく以上2銘柄での勝負に行きます。(^○^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です