必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

買ってみました。(^○^)

ちっとも上がりませんでしたが、昨日は結構沢山買いました。
銘柄はインターネットイニシアティブ(IIJ)を中心に総医研などですが、IIJは結構纏めて買ったので用心のため、NYダウCFDの買いは目論見より1日早く外した所、NYは朝500ドル安した後230ドル高と正解だったのは一時だけでした。(笑)
さてIIJをガツンと買ったのは先日来の日興SMBCのレーテイング1に対し大和証券でもレーテイング1継続と同時に目標株価を2,960円と大幅に上げてきたことで、買いそびれるのが怖かったからです。
買いそびれるのが怖かったもう1つの理由は、同社を今後の運用資産の中核に据える積りだったからで、確実な上昇を期待でき、流動性が有る銘柄を中心にしたかったのです。
むろん確実なことなど何もない世界ではありますが、同社はインフラ企業ですし、経営者は元財務事務次官となれば法律に精通し、事業の方向性を間違えることはないでしょうから、安心感があるのです。


ただ同社はチャート的に見れは依然戻りには多量の売り物が控えていますし、値動きは重いでしょうから、飽くまで将来の基礎固めの為の買いです。
あと、総医研を買ったのは、米国の覇権が中国に移動し始めていると言う前提で、米ドルより、「中国元」を稼ぐ企業に目を向けて行こうと思ったのです。
総医研は中国で、現地企業と組んで化粧品を売り始めているからですが、習近平の独裁制が始まったことは、「商売には追い風」と判断したこともあります。
近年中国が日本を敵視したのは「江沢民等の指導者の弱さが原因」ですから、独裁を構築した習近平政権では日本を取り込む必要こそあれ、敵視する必要はありませんから、商売はやり易くなります。
あと、沢山持っている為流石に躊躇したのですが、アイ・エス・ビーを極少数だけ買い増しました。(笑)
同社は取り組むのが早すぎた為、苦労させられましたが、タイミング的に買いになったのは昨日からの判断からです。(^○^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です