必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

春を待つ

懸念通り、北朝鮮がミサイル実験凍結を打ち出し、4月末の南北朝鮮の会話を持ち出して時間稼ぎの姿勢を明確化してきましたが、北が打つ手としては「有効」と言わざるを得ません。
時間を稼いで、その間に核搭載可能のICBMを完成させれば、交渉は圧倒的に有利に進められますから、北朝鮮が今核を放棄する気がないのは明らかでも、一旦話し合いの姿勢を見せれば、米・韓が攻撃するのはかなり難しくなります。
日本株のヘッジのポジションは全て解消し、それなりの利益も出ましたから、株価が騰がるのは大歓迎なのですが、これでは今後の相場がトランプ氏のツイッターや、北朝鮮の外交に振り回される相場になるのは、明らかです。
まあ平九郎がトランプ大統領の立場なら、「将軍様を丁重に米国に呼びつける」と言った所でしょうが、北朝鮮が話に乗る可能性は極めて低いです。


ただこのまま北朝鮮のペースで話を進めるほど米国もバカではないでしょうから、北朝鮮が呑めない何らかの要求を突きつけ、この話を壊そうとしそうです。
結局当面の相場は突然のツイッター等で「上下に大きく振れる」ことが繰り返されそうですから、よほど腕に自信が有るもの以外、一定の距離を置くべきでしょう。
従って、ここは「惰眠」を決め込むか、極短期の売買に限定し、暫く遊んでいようと思って居ます。(笑)(^◇^)
PS.今日アイ・エス・ビーが急騰したら原因はこの記事でしょう。
https://kabutan.jp/stock/news?code=9702&b=n201803060666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です