必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

内面を見よ

注目していたコアの中間決算が発表されましたが、結果は営業利益で前年同期比12.2%増、経常利益で4.6%増、最終利益では13.1%の減益と、パット見た目の良くないものでした。(TT)
これを受けて、今日の東京市場では大きく売られそうですが、実は落胆はしていません。^^
なぜなら、一般受けしない決算でも、よく見ると内容がかなり良いのです。
コアの事業は大きく分けて、利益率の低い請負事業であるSI事業と、利益率の高いソリューション事業に分かれるのですが、今回売り上げと、利益を減らしたのは昨年同時期に大口納入のあった利益率の低いSI事業の方でなのです。
そして利益率の高いソリューション事業の売り上げは、前年同期比で38.1%増、営業利益は151.8%増と、物凄く伸びているのです。(^◇^)


これは同社が意図的に、利益率の低いSI事業を減らし、マンパワーを利益率の高いソリューション事業に振り向けているからで、SI事業の売上減少は、計算通りの結果だからです。
実際SIなどの請負仕事は、日雇い労働のようなもので、納期に追われて、外注を増やせば、赤字になることも多く、企業としては美味しい仕事ではありません。
それが、ソリューション事業になると、提案企業の裁量が膨らみ、利益も出やすくなるため、企業としては、マンパワーをソリューション事業に振り向けたくとも相手がある事ゆえ、SI事業をイキナリ止める訳にも行かず、続けているのが実情でしょう。
SI事業の売り上げや利益が減るのは意図的ですから当然で、悪材料では有りませんし、ソリューション事業の大幅な伸びは間違いなく好材料ですから、株価は一時的に売られるにせよ、今回は決して悪い決算ではありません。(^◇^)

2 Comments

さいとう

確かに中身は悪くなかったので大分、下の方で数個づつ指しておいたら平均1674で入ってました。初参加でしたが引けでもまとまった投げが出てた様なので明日も↓かもしれないですね。ま、様子見です。
ところで、先週から今週にかけて雑株すべて処分し数年前にこちらで話題になっていた純プラ信託に一時避難させましたが、排ガス触媒に代わる新しい(工業的)用途って何かありませんでしょうかね?

返信する
heikurou

さいとうさん
コアは依然みちびきの精密受信機関連の売り上げが立っていない中での、収益形態の変化は評価できます。
まあこれからみちびき関連が動くとすれば、見通しは極めて良いですね。
プラチナの新しい用途は不明ですが、これまでプラチナ代替え品だったにも拘らず、値が上がり過ぎ価格が逆転したパラジウムの代替えという可笑しな話は出ていますね。(笑)
あと、価格低下で南アの新規鉱山開発が止まっているようですから、需給見通しは良いようです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です