必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

産業史に残る出来事

窓ガラスの掃除も終わり、やっと景色が綺麗に見えるようになりましたが、部屋からは海は見えても、富士山は箱根山が邪魔して見えません。
まあ少し山に登れば綺麗に見えるのですが、夏場の富士山は雪が無い為、只の岩山でまったく見栄えがしません。
しかし、昨日雪が降り、地元の雪化粧宣言が出て、やっと富士山本来の美しさが蘇りました。
(^◇^)
静岡の生まれですから、既に何千回も見ている筈の富士山ですが、やはり雪化粧をすると、改めて見惚れてしまいます。
朝日を浴び新雪の富士山は新しい力を貰えるような気になりますし、夕暮れ時の夜景と一緒に見る富士山は妖艶な女性のような美しさで、見るものは皆息を呑みます。^^
さて、原子力空母3隻が西大西洋に集結中など、半島情勢のきな臭さが増してきましたが、今日は面白いニュースが2つありました。


それが、日本政府の衛星データ無償提供と、米IBMの人工知能「ワトソン」の無料提供です。
衛星データでは既にみちびきの測位信号などの無償提供は明らかになっていましたが、今回は、「ひまわり」などの気象衛星、「だいち」などの地表データも無償化すると言います。
此れまでは、数百万円から、数千万円したデータ購入がダダになる訳で、しかも人工知能「ワトソン」まで無料となれば、インターネット普及時と同じような急速な世の中への浸透がおきるでしょう。
むろん、今日・明日の世界では有りませんが、今回の2つの無償化は産業史に残る出来事として記録されそうです。(^◇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です