必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

一連の流れ

日経平均が14日連続高と、57年ぶりと言われる連騰記録となり、マスコミも騒ぎ出しました。
57年ぶりと言えば、平九郎でもまだ幼少期ですから記憶に有るはずも有りませんが、この連騰記録は、新規の投資家を株式市場に呼び込む可能性が高いです。
しかも、週末のNY市場は165ドル高と大きく上げ、日経平均は月曜日も高い可能性があり、15連騰も射程圏内ですから、マスコミが再び騒ぎそうです。
ただ前回も書いた通り、相場が大きくなると物色の方向性が大型株に移る可能性が高い為、平九郎のように小型株を好むものには、痛し痒しです。
しかし今さら、急に方向を変える訳にも行きませんから、このまま行くつもりですが、実は最近、ちょっと見「平九郎らしくない株」を最低単位だけ買いました。
銘柄は極洋で以前から、優待目当てに買う事はあったのですが、今回は相場の上昇を見込んでいます。


まあ、理由は上記リンク先の10年チャートを見れば分かりますが、完全な新値を付けてきている訳で、業績も良く、養殖本マグロの出荷本格化という材料もあります。
まあ地味な株ですから、急騰は考えていませんが、日経平均が連騰記録を伸ばす中では、優待目当ての買いも入り、ジリジリとした上げが続くと判断しました。
そして、極洋の行う寿司ネタ事業は、海外展開拡大を視野に入れたスシロー・元気寿司統合等へも繋がり、ひいてはスシローのシステムを手掛けるアルファクスにも繋がります。
極洋が寿司ネタを作り、スシローが世界で販売し、アルファクスがシステムを供給するの流れですが、上手く回れば、衰退が続いていた日本にとっても良い先例となりそうです。(^◇^)

2 Comments

まい

負けたぁ~(´;ω;`)ウッ…
小野ちゃんの祈願もされてたけど、龍神さん頑張ってよ。。。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です