必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

メジャーは何で作るべきか

伸び縮みするゴムで物を測るメジャーを作る者はいません。
メジャーは対象物を正確に測れるように、伸縮性の無いもので作るのが常識だからですが、通貨の世界ではこの常識が通用しません。
これは、以前からメモで何度も書いているように、存在量が一定で変化がないGOLDの価値を量るのに、やれ金融緩和だ、引き締めだと言って、人間の都合で常に存在量が伸び縮みする円やドルという通貨で測ることで分かります。
しかし、これはやはり可笑しいと言うのが平九郎の以前からの主張で、基準をGOLDに置き、円やドルの価値をGOLDで測る方が正しいと思っている訳です。
ニクソンショック前、1オンス(約31グラム)のGOLDを買うのに、35ドルで済んだものが今は1,300ドル要りますから、ドルの価値が37分の1になったと思う訳です。
GOLDが動くのではなく、円やドルなどの通貨の価値が揺れ動いているのです。


平九郎は以前から自身のファンド画面に表示されるように、純金信託を極少量だけは常に入れています。
所がそのGOLDを基準に見ていると。最近円やドルなどの通貨が下落を始めた感があるのです。
またディーゼルエンジンの排ガス浄化の触媒として使われているプラチナも最近ディーゼルが消滅し、プラチナの使用が皆無になるかの様な悪報道が続いても、徐々に下値を切り上げ来ています。
相場で、悪材料が続いても下げなければ、それは大底ですから、ドルや円などの通貨から見ればプラチナも大底(通貨の大天井)を打っている感が出ています。
もっとも現状では株を買ったほうが日本で使える「円」を増やすには早いと思って居る為、GOLDは大量には買っていません。(笑)
ただ、日本円など「もう増やす必要などない!」と思うほどになったら、資産の大部分ををGOLDや、プラチナにしたいと思って居ます。(^◇^)
ならん、ならん。(*´Д`)

2 Comments

PBY元気小僧

こんにちは。
平九郎さんは、あと50年くらいは大丈夫みたいなんで、きっと、円の異次元緩和の副作用、起こりますよ。へへ。

返信する
heikurou

元気小僧さん
とても、そこまでは持ちそうも有りませんが、東京オリンピック位なら生きて居そうなので、それまでは稼ぎたいですね。(笑)
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です