必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

水曜日朝が大事

国家元首の●●は、感情的で怒りっぽく、直ぐに部下を粛清する偏執病的性格の持ち主で、怒るとなにをやり出すか分かりません。
と書いた●●の所に、北の将軍様かトランプ大統領のどちらを入れても全く違和感がないことに、昨日気が付きました。(笑)
とおバカな事を考えていたら、やはり原子力空母ロナルドレーガンは北朝鮮に向かっており、同海域で空母2隻が合同演習をすると言いますから、完全に北朝鮮にたいする恫喝です。
対する北の将軍様も国のNO2を犬に食わせ、兄を毒ガスで殺すパラノイアですから、「狂っている」同士の対決は、本当に何をやるか分からない怖さがあります。
しかも北朝鮮は田植えの時期で、米軍の断首作戦を恐れ兵士を田舎に返せないと、秋には飢えがやってきますし、トランプ氏はロシアゲート疑惑の真っ最中ですから、政治的に追い詰められた状態で、ここでも2人は似た者同士です。


で、ここで問題ですが。
貴方が米国人だとして、ミサイルが飛んでくるかもしれない今の日本株を買いたいと思いますか?
またはもし現在十分儲かっている日本株投信を保有していたとしたら、どうしますか?
これを土日で、米国の夫婦が話し合い「売り」と決まれば、昨日書いたように火曜日には現物株に売り物がでて、その影響は日本では来週水曜日の朝分かります。
今朝のNY市場は反発しているものの、もし来週の火曜日に米国株が下がるようなら、事態は結構深刻かもしれません。(-“-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です