必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

ハッピー・ハッピー・皆ハッピー!!(^◇^)

実は北朝鮮問題で、皆をハッピーに出来る人間が一人だけ居て、彼は既に動き出していると思い始めています。
それは巷で言われている事でも有りますが、一連のキーパーソンの中で一人だけ冷静な習近平氏であり、氏が「変髪将軍様」の排除に動くことで、全ては丸く収まりますし、その能力も意欲も有ることに改めて気が付いたのです。
むろん中国が直接手を下す必要はなく、何時粛清されるか分からず怯えている側近達の後ろ盾になり、「どのような形でも」将軍様の「排除」を促し、恐らく中国当局が匿っている「殺された金正男の長男」を後継者にして後見すれば良いのです。
これなら中国に実害は無いばかりか、その存在感を世界中に示せるだけでなく、日・米・韓に大きな恩を売れますし、今後の世界展開は容易になり、秋の共産党大会にも向けて習近平氏の国内での評価も暴騰します。
実現すれば、苦虫を嚙み潰すのは子供のように軍を使いたいトランプ氏だけで、後は北朝鮮人民も含め皆ハッピーで、しかも習近平氏は見かけは「垂れパンダ」でもそれに気が付かない男では有りません。(笑)
まあ問題は金正男の息子が北朝鮮の国家元首をやる気に成るかですが「南・北朝鮮民族が核で全滅するのを救う為」と説得されれば、嫌とは言えません。


また「何とかに刃物」のトランプ氏でも「中国がやらないならば我々がやる」と言っている以上、「中国が将軍様を排除する」なら手出しは出来ません。
まあ事が収まれば「俺が中国に圧力を掛けたからだ」と威張るでしょうが、本音はミサイルを撃って、自分の偉大さを誇示したいだけです。(笑)
とまあ今では相当楽観的なのですが、むろん習近平氏が失敗することも有りますし、的外れの場合もあるため、備えは必要ですから、まだ日経レバレッジETF売りのヘッジは外していません。
ただ今買われている防衛関連株は、上記が有れば「値が付かずに暴落」する為、興研は既に売却しました。
今年度最大、最高の買い場は結構近いと思って居ます。(^◇^)//
※一つだけ問題があるとすれば、習近平中国の肥大化は、未来の日本にとって余り歓迎出来ないことですね。(-“-)

2 Comments

PBY元気小僧

こんばんは。
US 銀行株の決算。
予想以上良い決算のJPモルガンなども、今んとこ、弱いどす。長期金利も下がりイールドカーブがフラットに。
減税方案を、後回しにしたトランプ。
北朝のことも有り、男性型の下げを想定してましたが、ジワジワの女性型どす、いまんとこ。
思った以上に、長引くかも。

返信する
heikurou

元気小僧さん
トランプ氏は北朝鮮のどさくさに紛れて、減税案が実質不可能なのをゲロしたようですが、浸透するまで時間が掛かっているようですね。
ただ昨日の下げは、先物主導というより、投信などの解約による現物売りの感がありますから、一旦動き出すと簡単には止まりません。
米株は本格的下げ相場に入ったと思います。
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です