必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

祈ります!

米中会談が終わったばかりの日本時間9日、日曜日の朝8時、安倍首相の元にトランプ大統領から電話が有り、45分間の会談を行ったそうです。
また時を同じくして、寄港先のシンガポールからオーストラリアに向かっていた原子力空母カール・ビンソンを中心とする第1空母打撃群に対し、朝鮮半島海域を目指した北上を命じたと言います。
トランプ氏の電話は中国との話し合いが不調に終わり、北朝鮮攻撃の腹を決めたことを日本へ「通告」したのだと思われますから、いよいよ一触即発状態で、北朝鮮が核実験でも行えば、米軍の攻撃開始は間違いなさそうですし、それ以前でも安心は出来ません。
しかも北朝鮮は国営テレビで、実験は予定通り行うと宣言していますから、このまま進めばかなり怖い状態です。


むろん話合いで平和裏に終わらせることが出来れば一番良いのですが、相手が側近さえも殺しまくる北の将軍様とあっては、期待薄でしょう。
思い出すのは、オサマ・ビンラディンを殺害した時ですが、あれは超の付く平和主義者のオバマ大統領の時に、核保有国のパキスタンにいきなり米特殊部隊が攻め入った訳ですから、今回トランプ氏がやらないと考えるのは無理があり過ぎます。
しかも放置すれば北朝鮮の核開発は進み、今よりマズイ状態になるのが見えているだけに、米国の攻撃を止めることも出来ず、成功を祈る以外にありません。
週明けのマーケットは大きく荒れそうです。(>_<)

2 Comments

PBY元気小僧

やっぱりです。
http://blog.canpan.info/jig
トマホーク自体の精度は、着弾点誤差10メートルとか。
問題は、設定する攻撃目標や、攻撃する人物の情報の精度がダメなんだとおもうんですが。
一回目の攻撃で確実に仕留めて斬首作戦を成功させるには、ミサイルだけでは不十分と、USも認識してるでしょう。
北の体制を変えることは望んでないとも言ってますし、今回の空母の北上は、おとなしくしてろと、威嚇行動だと思います。
目の前の海に艦隊が近づいてる、緊張の連続でしょう。そんで殺しまくってるんですから。あの髪形は、10円ハゲを隠すためだったのですね。

返信する
heikurou

元気小僧さん
>>あの髪形は、10円ハゲを隠すためだったのですね。
そんな国家機密をバラすとVXガスで消されますよ!(笑)
平九郎(^◇^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です