必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

ロナルド・レーガン碇泊中

昨日裏山を車で走っていたら、動くものがあるので、見ると鹿が5頭居ました。^^
この辺りは狸やハクビシン、猪、野兎などは見ていましたが、鹿は初めてで、開発の進んだ箱根連山にも鹿が居ることが分かりました。^^
とまあ鹿の話をする位ですからネタ不足は明らかで、目前に控えた米・中首脳会議を前に、今日は様子見に徹する以外になく、大きく動く気は有りません。(笑)
さて米中会談が終わったら中国が何をするかが問題となりますが、昨日ミサイルを撃つ位ですから、中国の説得が効くとは思えず、経済制裁を強化して、北朝鮮を飢えに追い込めばそれこそ何をしでかすか分かりません。
従って、米国が北の将軍様を直接標的とする「斬首作戦」が実行される可能性も結構高いと思って居ますが、成功すれば良いものの、失敗すれば日・韓にミサイルを撃ち込まれる位は覚悟するべきでしょう。
まあ米国は失敗しても自国にミサイルが飛んでくる訳でもありませんが、韓国は平時でも北朝鮮に砲弾を撃たれた位ですから、ソウル砲撃位は普通にありそうです。


問題は日本ですが、正直ミサイルなどより怖いのはBC兵器と言われる生物化学兵器で、巨大風船などで、偏西風に載せバラまかれればレーダーにも映らず手の打ちようが有りません。
まあ通常なら考える必要もないことですが、何分多数の精神科医が「偏執病のナルシスト」であり〈言動が示す重大な精神不安定性から、私たちは彼が大統領職を安全に務めるのは不可能だと信じる〉
と断言するトランプ氏が、クレージーと言う「北の将軍様」との戦いですから、予測など不可能なのです。(笑)
ただ、現状では横須賀の空母ロドナルド・レーガンはまだ碇泊中ですから、直ぐの開戦はないと判断していますが、空母が出航すれば緊張感が高まりそうです。(>_<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です