必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

偏執病の言

空売りしている日経レバレッジETFが640円安する中で、ビジョンが観光案内用ロボホンの貸し出しを羽田で始めるとの報道で新高値を付ける等、平九郎ファンドの時価総額は連続して新高値を更新しました。(^◇^)//
され昨日ネットで拾った記事に中に、
米国で35人の精神科医などが連名でニューヨーク・タイムズ紙に送った投書と言うのがありました。
内容はトランプ氏が「偏執病のナルシスト」であり
〈トランプ氏の言動が示す重大な精神不安定性から、私たちは彼が大統領職を安全に務めるのは不可能だと信じる〉(2月13日付)
だと言うものです。
欧州の盟主ドイツのメルケル首相と握手も出来ないトランプ氏を見ていると、正鵠を射ているとしか思えず、これが核の発射ボタンを持つ米国大統領の事だと思うと鳥肌が立ちます。
しかもお隣の北朝鮮では、同国人を殺しまくる変髪将軍様がいつ核ミサイルを撃つか分からない状態で、昨日も「偏執病的」にミサイルを発射し、失敗したの情報があったようですから、どこへ飛ぶか分かったものでは有りません。


そんな中で、国内では些末な森友学園や、豊洲移転問題ばかりが議論され、与党は世界戦略を立てる暇もなさそうですし、小池都知事は「偏執的な私怨ファースト」を未だに止めません。
またトランプ政権はイスラム国掃討作戦を既に始めているようですから、世界中でイスラム国を名乗るテロの危険が高まっていますし、為替アナリストは一斉にドル/円の110円割れを口にし始めました。
こうなると結局相場はグローバル企業を買うのは、無理な話で、やはり中小型の材料株に資金が向かう可能性が強いと思って居ます。
また今回のように全体相場が大きく下がったばあい、次の相場立ち直りで、真っ先に上がる株は暴落相場の中で、逆行高している銘柄です。(^◇^)/
株の自慢ばかりする奴も「偏執病的ナルシスト」だろ!!(-_-メ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です