必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

注意とチャンス

ドル/円が115円台に乗せてきて、NY株式市場も142ドル高とあって、週明けの東京市場も続伸しそうですが、平九郎ファンドは空売りを買い戻している始末で、全く冴えません。(TT)
まあこの場合は「逆指標」として使うと意味が出ますから、メモは続けていますが、「大相場が始まれば小型株は置いて行かれる」の認識は以前からありました。
しかし、実際に大型株を買って暫く動かないと、やはり小型株の持つ一発高の魅力が忘れられず、結局また小型株ばかりになって来たところへ、大型株相場が来ると、正直対応できません。
小型株の泣き所である、流動性不足が、大型株への乗り換えを拒むからで、無理に動こうとすれば、自分の売りで値を崩し、痛い目に合います。


またそろそろ年末とあって、ここから先は、下がっている株は、より売られる可能性が出ています。
理由は、儲かっている投資家は、今年中に評価損の株を売って、実現損を出せば、これまで払っている税金が損が出た分だけ、戻ってくるからです。
これは100万儲かっている投資家が、100万円の評価損を抱えていても、税額は約20万円ですが、100万円を実損で出せば税金はゼロになるの理屈ですね。
この動きは年内最終受け渡しの27日までは続く可能性がありますから、今は下がっている小型株を買うのも注意が必要です。
もっとも、小型株好きにはここから年末までが安値で買う、最大のチャンスでもあります。(^◇^)

2 Comments

PBY元気小僧

こんばんは。
先日はありがとうございました。
三菱重工なんかの重たいとこも、移動平均が上向き、2013年の初め頃のような雰囲気で、ビックラしてます。
為替の急にも、ビックラです。
トランプが次に何やるか?で、激変する可能性も感じてます。

返信する
heikurou

元気小僧さん
やはり大相場が来ているのは間違いないでしょうが、考えてみれば、平九郎は大型株の大相場で儲かったことがありません。(笑)
ただ為替も既に行き過ぎの水準ですから、トランプ就任と同時の反転を予想しています。
この上げで解放された資金が、その時自分の持ち株に回ってくるのを期待しています。(^◇^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です