必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

現在の保有銘柄

30年前に作り、10年以上使っていないにも拘わらず、基本料金を払い続けていたNIFTYのアドレスをやっと閉鎖し、ついでにバラバラだった各種銀行引き落とし口座の統一を進め、銀行口座の大掃除を始めました。^^
NFTYはパソコンがまだ普及しておらずインターネットもない時代に、ワープロと電話回線を使って人と繋がっていた時代に作ったアドレスだけに愛着もあるのですが、10年も使わないと流石に整理しました。(笑)
さてファンドも年末を迎えるため、整理しますと現在の投資先で金額の多い順に並べ要点を書いてみました。
1・ビジョン=東証1部上場、モバイル翻訳機独占レンタル、安定成長と思われていた情報通信サービス分野の急成長などを期待して大化け狙い
2・バンダイナムコHD=再増額修正狙いと、VRソフト本命の認識
3.デジタルガレージ=人口知能・ブロックチェーン技術の本命の認識で、成長が次第に加速していく仕組みをもつ企業、最長保有株


と以上が上位3社で、後はパイプドHD・フジトミ・オプティム・ロンシール工業・ソニー・神島化学・インフォコム・純金ETF・プラチナETFなどを現在保有しています。
まあ現状ではビジョンが一番多いのは、一番早く大きく上がると思って居るからです。
同社の佐野社長は、高卒のサッカーバカと言う超低学歴ながらも、光通信時代、創業当時の2度、急成長を経験し、現在は上場で得た資金を全て成長投資にブチ込み中で、戦国時代の「羽柴秀吉」を想起させるのです。(^^)
あと忘れていたのがNISAで買い、1度は2倍に成りながらも現在は買値付近のNTTDイントラマートで、こちら中山社長は佐野氏とは真逆の「東京大学大学院生物情報工学専攻修了」と超高学歴ながらも、現在は社長の経営能力に疑念を抱いています。
まあ社長を比較する為保有を継続していますが、正直上がったらイントラマートは早く売りたいです。(笑)
企業の「経営能力」とは、人を使う力が一番大事だと思い始めています。(^◇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です