必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

暇だからゲーム

ドル/円が110円を付けてきて、今日の相場も堅調になりそうですが、ドルもここまで来ると、正直目標達成感が出てきました。
ここまでドルが急上昇したのは、トランプ氏の公約に米企業が海外で貯めこんだ2兆5000億ドルと言われるドル資産を米国内に戻すときの税金を、大幅に引き下げると言う話が有るからです。
しかもこの話、実現可能性が極めて高いだけに、ドルがオーバーシュートする可能性もあります。
2兆5000億ドルが全額米国に還流することもないでしょうが、投機筋のドルを売る気を無くすには十分な金額だからです。
従って当面よほど行き過ぎない限り、ドル高は続きそうで、株式市場も堅調が続くと思って居ますが、輸出企業はトランプ氏の保護貿易を心配して動きにくいです。


しかし古漬けの漬物のようになっていたデジタルガレージ等は、下値での揉み合い放れの様相を見せていますから、市場の期待が「安定」から「成長」に移ってきたようです。(^◇^)
最も現在の最大保有はビジョンであり、昨日書いたように同社の利益の半分を稼ぎながらも安定部門としての認識しかなかった、「新興企業向け情報通信サービス部門」にて、急成長中の新電力の販売を始めていますから、同社は同部門の伸びも期待できるようになっています。
むろん平九郎の本命は、早ければ来年2月から始まる予定のモバイル翻訳機イリーのレンタルで、イリーにかける期待は高いのですが、マーケットの評価は現状のWi-Fiレンタルの伸びだけに留まっているように見えます。
結局、現状では両銘柄とも売りが全く考えられない為、次第にやることが無くなって来たので、いよいよ週末はプレステ4の出番になりそうです。(^◇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です