必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

ナチの名は・・・

今朝起きてから顔を洗おうと、洗面所で何時ものように、洗顔クリームを手に取り泡立てると、なにか泡立ちが悪かったのですが、そのまま顔を洗いました。
すると、なにか顔がスースーする為、手に取ったのが歯磨き粉だと気が付きました。(TT)
昨日は二日酔いの寝ぼけ眼で相場に挑み、発注ミスや、判断ミスを繰り返していましたから、今朝歯磨き粉と間違えたのは「キチンと目を覚まして相場へ挑め」という相場の神の配材でしょう。(^◇^)
さて、海外でドル/円が108円台半ばを付けてきており、NY株式市場も堅調で、昨日付けのYAHOOの相場観特集でも強気の声が増えてきました。
ただ強気を言っている人たちの名前に聞き覚えが無いことから、大手証券の有名どころは相場観を表明していないことが見て取れます。


これはトランプ相場を往復ビンタで外した専門家が多く、今回も間違えると職を失うことに成るからで、次の赤信号は皆で渡りたいのでしょう。(笑)
ところで、今朝の報道ではトランプ氏がロシアのプーチン氏と電話会談をしたそうで、これで米ロが険悪なことが根本にある、中東の争乱も収束の芽が見えて来ました。
プーチン氏のことですから、トランプ氏の大統領就任を見計らい、和平を演出する位のことはやるでしょうが、むろんそれはプーチン氏の利益にかなうと思っての事です。
1989年11月9日ベルリンの壁が崩壊した時、皆平和の配当を期待しましたが、日本にやって来たのは不動産と株の大暴落でした。
今度はベルリンの壁が崩壊した27年後の同じ11月9日に決まった、暗黒を囃された大統領が、平和と株高を作ることになりそうです。
しかし、なにやら80年以上前のドイツの「国家社会主義ドイツ労働者党」の起りを見ているようでヤバイ感じです。(>_<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です