必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

デストロイヤーで、現状打破!

一旦は大きくシフトしたソニーへの投資ですが、先日の減額修正予想を機に、留守番株だけ残して、資金を初めて買ってから600円上がったビジョンの買い増しに回しました。(>_<) お陰で、ビジョンの買値平均は大きく上がり、少し下がれば評価損になりかねませんが、どうもこの株「行ける!」と踏みました。 ビジョンは戦艦級のソニーと比較すれば小型の駆逐艦と言った所ですが、米国では同型の艦をデストロヤーと言いますから、現状の膠着を打破する為のシフトです。 資金を移動した最大の理由は、同社の稼ぎ頭であるWI-FIレンタル事業より、モバイル翻訳機 ili(イリー)の方が遥かにレンタル対象者が多いと思ったからです。
しかもWI-FIレンタルは同社の独占ではないのに対してイリーは資本業務提携により、独占が約束されています。


またイリーを欲しがる旅行者はWIーFIも同じ会社で借りるでしょうからWI-FI事業の売り上げも伸びそうですし、今年6月にロスアンジェルスに設立した米国現地法人も動き出しそうで、事業の世界展開が進みだしています。
何より良いのは一旦レンタルシステムを作れば、貸し出す商材が増えるだけで、費用は増えずに売り上げは倍増以上になることで、イリーのお陰で売り上げ・利益の急成長要因が見えてることです。
 
むろん全て順調に行けばの事ですが、例えトラブルが有っても、同社佐野社長のデストロイヤー級の危機突破力で何とかしてくれると踏みました。
元々同社は株価100倍候補銘柄として買った経緯があるだけに、3割程度の上昇で喜んでいる訳にはいかないと、買い増しを断行したのです。(^◇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です