必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

波動エンジン不調!(TT)

ソニーの波動エンジンが動きません。(TT)
動かない原因は任天堂の急落に引きずられた事と、エネルギー不足で、プレステVRの日本国内での販売数量が4万6000台あまりと発表されたことで、今期業績への疑念が出たのでしょう。
まあ4日間での販売とですから、別に悪くはないのでしょうが、当初出荷台数を絞って、人気を煽っていた感は拭えません。
ただ、VRは脳を騙す性格を持つだけに、「VR酔い」などの副作用の程度を確認する必要がどうしてもありますから、これは仕方がないでしょう。
実際平九郎でも、「VR酔いが多い」ようなら早めに売るとメモでも宣言していた位ですから、ソニーが確認の為に、当初の出荷を抑えるのは当然で、むしろ慎重さを讃えるべきでしょう。


実際平九郎がもし、VR販売の総責任者なら、まず少量を(50~100万台程度)世界中で売り出してVR酔いの反応を見てから、来年以降の生産量と、販売戦略を決定します。
ソニーのVRは酔わないと言う触れ込みは有りましたが、平九郎でもソレを確認したがったのは、読者がご存知の通りで、「酔い」の程度によって売り上げは大きく変わるでしょう。
正直全く酔う人が居ないという事はあり得ませんで、これはアレルギーのように人によって刺激による耐性が違うからで、中には異常なほど、過敏な人もいるのです。
それは、人によっても違うのなら、人種によっても違う可能性が有る以上、世界一斉発売で、反応を見るしかありません。
しかし、子供の頃バスで酔った人は多いでしょうが、今でもバスは世界中で走り続けています。
VRは現代において、昔のバス以上のニーズがあると思っています。(^◇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です