必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

大型or小型?

米大統領選3度目の討論会の結果を受けて、相場はどうやら見切り発車が始まったようです。(^◇^)
平均株価はチャート面でも出来高の多い価格帯を抜け、株価が軽くなる条件が揃いましたし、外人買いも復活し、信用残も、裁定残も歴史的低水準と有っては、強気にならざるを得ません。
また相場に大きな影響を与える為替面で見ても、中期的円安局面と判断しており、この面からも強気です。
まあ銘柄的には、依然小型株の優位が続いており、シライ電子工業や、メンバーズ等、面白そうな株も多いのですが、如何せん小型株は流動性不足で、大相場には向いていないのです。
ただソニーの様な時価総額4兆3000億円の巨大戦艦に乗っていると、退屈なのも事実で、戦艦が動き出すまでは、お遊び的な投資は考えています。(^◇^)


中でも今日面白そうなのはシライ電子工業(6658)で、同社はプリント配線板メーカーで任天堂の新ゲーム機関連として、7月から人気付いているものの、どうも本当に関係があるのか、良く解らない為、乱高下している株です。
同社は財務内容ではやや劣るものの、事業そのものは順調で、近年は車載用配線板が売り上げの4割を占めるといいますから、伸び盛りの企業とも言えるでしょう。
なにより良いのが単価が300円台と安くて、時価総額51億円、しかも板が比較的厚いので、個人短期トレーダーの売買に適した株なのです。
また昨日人気づいた原因として、任天堂が来年3月発売する新ゲーム機の写真を昨夜発表したからですが、この分は付け足しと考えています。(^◇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です