必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

VR総力戦

必ず上がると信じていた神島化学が昨日ストップ高を付けて来ましたが、残念ながら材料が筋違いのマグネシウム電池とあって、早めに売却をして、今度はVRソフトメーカーとしてバンダイナムコHDを買いました。
同社は業績や、財務も良いのですが、プレステVR向けソフトで先行している事と、ガンダムという、VRには適したキャラクターを保有していることを評価したもので、決して美女とイチャイチャしたい訳ではありません。(^◇^)
平九郎はガンダム世代ではありませんが、同世代は、プレステ世代と重なると思えますし、ガンダムに搭乗できるVRソフトが出れば、ファンは飛びつくと思えるのです。


またチャート面でも出来高が多かった価格帯は既に抜け、新高値の段階で理想的ですし、VRのソフトがヒットすれば、利益は急増しますから、楽しみもあります。
しかも信用倍率は0.66倍と仕手株並みですから、取り組み妙味もあります。
問題はソニーがコケたら同社も下がる可能性が強いことですが、それは今は考えません。(笑)
同社の時価総額は7千億円ありますから流動性は極めて豊富で、失敗したと思えば、3秒で売れるからです。(^◇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です