必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

起業は人なり!!

「感動は理論を超える」
上記は確か、漫画インベスターZの中で、主人公が行っていた投資を評価するときの名人の言葉ですが、これは結構名言です。
平九郎は株式投資を始めて40年以上経ちますが、数字的には超割安なオリックスや、オープンハウス等と、逆に超割高なユーグレナや、サイバーダイン等の株価の違いの原因が未だに理解できません。
しかし、冒頭の言葉を当てはめると、何となく解るのです。^^
また最近の投資理論などは、セルサイド業者の都合で、理論が選択されているとしか思えず、実際に大きな資金を作った人間を見ると、投資理論等、どこにあるのかと思わせる場合も多いのです。(笑)


例えば、先日のビジョンなどもそうですが、PERは約20倍と割高とも言える水準ながら、買ったのにはやはり、そこに「感動があった」からです。
一番面白いのは、同社佐野社長が富士宮で事業を始めた時、好きなサッカーをやりたくなり、現地で出稼ぎブラジル人たちとサッカーをしていて思いついたそうです。
佐野氏は当時のブラジル人達が、本国との国際電話の料金の高さに悩んでいるのを見て、通信会社と交渉して割引サービスを自分で作り、ブラジル人の妻たちを雇って同国人向けコールセンターを始めたそうです。
佐野社長は当時25歳の若造で、高卒ですし、サッカー馬鹿ですから、英語はおろかポルトガル語など話せるはずもなく、しかも当時の社員は社長以外は全員外国人だったと言います。
感動したのは佐野社長のバイタリテーであり、この社長なら例え、現在の事業にトラブルが起きても心配ないと思えたのです。(^◇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です