必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

持ってなきゃ売れんだろ!(^^♪

昨日は午前中に信用買いを全て手じまった為、午後から山中の温泉に出かけてしまいましたが、帰って株価を見ると反落しているので、結果的に結構良いところで売れていました。^^
また残すと言った、「既存薬の再開発事業」を営むメディシノバには、開発中の「アル中の薬」に良い臨床結果が出ているというIRが出てるでは有りませんか!(^◇^)(社名のリンクは社長インタビューで、同社が良くわかります)
「既存薬の再開発」で、一番有名なのは、元は狭心症の薬だったのに、服用中に別の作用が発見されたことで再開発された、勃起治療薬「バイアグラ」があります。(笑)
また同手法が有効なのは、既に開発済みの薬の為、それまでの臨床で安全性が担保されていることと、開発期間の短縮による費用の軽減です。


まあ日本ではアキュセラの大暴落で、バイオ系イナゴの大量虐殺が起きた後だけに、反応は鈍いですが、バイオ人気崩落の後でも、全く崩れていないメディシノバの長期チャートは、同社の実力を表していると考えています。
実際ラッセル指数に採用されたと報道が有った6月27日には、キッセイ薬品が同社株の買い増しを発表していますから、実力は有るのでしょう。
ただ、平九郎には薬は分からないので、同社の保有継続は起業が「利」ではなく「義」から始まっている事と、チャート、上記リンクのビデオで見た誠実そうな社長の顔だけの判断です。(笑)
信用買いしたとは言えPER6倍のオリックスは売却し、PERなど計算不能のメディシノバを残した訳ですから、いったい投資判断とはなんだと思われそうですが、要は「金が入ってくる株か出ていく株か?」の判断です。
有名で超割安のオリックスを売ったのは、今しばらくオイルマネーの売りが続くのでは、と疑った為です。
また無名な上、利益も配当も優待もなく、東証外国部で情報も少ないメディシノバは今後、薬の再開発の有効性と知名度が上がる過程で、資金の流入が続くと考えたのです。
しかも、時価総額200億程度のメディシノバは、オイルマネーはそもそも買っていませんから、売りは絶対出ません。(^◇^)(笑)

2 Comments

ぴのこ

アキュセラのイメージとかぶるので、メディノシバは
買うのに躊躇する人がおおいと思います 笑
でも、買ってみたくなりますね

返信する
heikurou

ぴのこさん
現状は「羹に懲りて膾を吹く」の状態と考えました。
これだけ、周囲の状況が悪くて下がらなければ、もう下がらんと思った訳です。(^◇^)
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です