必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

株が上がる理由は?

これまで、優待目的で株を買っても、儲かったことがない平九郎ですが、それは今回も同じで、100株だけ保有しているオリックスが昨日は113円安と大幅に下落し、評価損率はー26%に達しました。(TT)
四季報の数字を見れば分かりますが、同社はPERは6倍台、予想配当利回りも3.78%あり、しかも増収・増益・増配予想です。
考えられない位割安な同社株が、さらに下がるのを見ると、いったい株価が騰がる理由とはとは何だろうと考えてしまいます。
最近思うのに価格は「人が欲しがるか、欲しがらないか」で決まり、株価で言えば、「資金の流入時に上がる」という至極あたり前の事です。


その為、機関投資家のポートフォリオに既に組み込まれている、丸紅やオリックスなどは業績見通しが良くても、株価は上がらず、逆に今回の様な、資金の流出時には業績が良くても下がるのです。
そして、今回のことで、金融市場から資金が流入したのはやはりGOLDで、世界中の人が古来から知っており、業績の変動などない、上がるか下がるかの世界単一商品です。
国が違えばオリックスも丸紅も聞いたことない人ばかりでしょうが、GOLDなら、どの国の90歳のお婆さんでも、知っています。
世界中でマネーをばら蒔き出した現在、GOLDの購入を考える人は多いですし、周りを見回せば、スマホのクリック1つで簡単に、しかもレバレッジを効かせて、大量に買う仕組みが出来つつあります。
なにせ昔はGOLDを買おうと思ったら、「札束を抱えて田中貴金属へ」と言うのが一般的だったのです。(笑)
保有銘柄に変化は有りませんが株数は大きく変り、暫くは軸足をGOLDに置き、そこから株に出動する積りです。(^◇^)
PS.投資家として見ると、今回のことで最悪は「トランプリスクの極大化」だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です