必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

お金は刷れるんです!

昨日の東京市場は、鼠の後から大蛇が飛び出し、朝方の残留優勢が一転して離脱決定となり、日経平均の1日の値幅は1,525円と大荒れの相場となりましたが、ここで注目すべきはGOLDの上昇です。
通常ドル建てで取引されるGOLDは円高になると、円建て価格は下がるものですが、昨日は純金信託で見ると、90円高と株の下落に逆行していますし、ドル建てでは一時100ドル高と暴騰のレベルです。
またGOLD先物を得意とするフジトミや、豊商事も僅かながら高いですから、GOLDは明らかに輝きを増していると見てよいです。
これは英欧州離脱が、米国の利上げを不可能にさせ、緩和姿勢がより強まり、世界中がマイナス金利を意識し始めたことが原因でしょう。


なにせ、只でさえジャブジャブのマネーがまだ追加されるとなれば、マネーの価値に疑念を抱くのも当然で、GOLDが上がるのではなく、マネーの価値が下がり始めたのだと考えています。
2000年前から金貨1枚の価値はあまり変わりませんが、友人から頂いて手元にある「100兆ジンバブエドル」は今では骨董価値しかなく、そんな紙幣は日銀の貨幣博物館に行けば、ずらりと並んでいます。
そう言えば、以前日銀に接待されたと言う、大手のファンドマネージャーが「日銀は超金融緩和の出口戦略など考えていない!」と断言されていたのを思い出しました。
あ!後、安倍首相も「お金は刷るんです!」と言ってましたので、こりゃ大相場(通貨の大幅な下落)が始まると、GOLDへのシフトを強めています。
GOLDは働きませんが、通貨や国がどうなろうと、2000年以上の長期に渡り一定の価値を保っています。
まずは投資家として生き残る事を第一に考え、今後の中心をGOLDに置くことにしました。(^^)

2 Comments

きく

平九郎様
いつもお返事ありがとうございます。
プラチナ60キロが溶けたには、ただただ驚きました!
MRTもGOLDに徐々にシフトされるのですか?

返信する
heikurou

きくさん
やるときは全ての銘柄から資金を移動しますね。
ただ株数は減らし、持続可能な株数にしましたが、今でも主力3銘柄は保有中です。
第一GOLDは既に10年近く自分が言っていたことですから、ここでシフトしなければ、投資家としての後悔のほうが大きいのです。
まず投資家として絶対生き残る事を優先し、GOLD主軸を決めました。
ただし、これは飽くまで平九郎のポジションであり、当たろうが、当たるまいが自身が納得出来るようにやっているに過ぎません。
そして、自分が納得出来るなら、何時でも瞬時にポジションは変わります。
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です