必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

大山鳴動して鼠一匹

注目の英欧州離脱問題は、投票終了直後から出口調査で、残留優勢が伝えられ、ポンドもNY株式市場も急騰して、今日の東京は明るい始まりとなりそうです。
ドル/円が106円台を付けてきていることから、輸出関連も値を戻しそうですが、ひとしきり買ったあとは、再び沈滞が始まりそうです。
実際ポンドが上がろうが、下がろうが、日本では自分の生活に影響が出る人が多いとは思えませんから、今後は米国大統領選に関心が向かいます。
その大統領選も今日からヒラリー陣営にとっては嫌な映画「クリントンキャッシュ」の放映が始まります。
まあこちらも最後はヒラリーが勝つと思っていますが、ではヒラリーが勝ったらなにか変わるかと言えば、直ぐにはなにも変わらないでしょう。


これは今度の英国民投票でも分かるように選挙が近づくにつれ、株式売買は低調になりそうですから、気が重いのです。
ただ一つ今日の日経で、面白いニュースが有ったのが、SBI証券でGOLDの現物取引が24時間体制で出来るようになると言うものです。
しかも「今夏にも」と有りますから、2か月以内と見てよく、その後は機関投資家向けサービスも始めるそうです。
そして、業界最大手がやれば、他社も追随するでしょう。
英EU残留でGOLDは下落していますが、どうも大相場が始まりそうな気がしてきました。(^◇^)

2 Comments

きく

平九郎様
イギリスEU離脱で相場全体が大きく下げてるとはいえ、MRTの下げがキツすぎますね(涙)

返信する
heikurou

きくさん
本当ですね!ただマザーズ全体で見ると平均的な下げで、神の手のブランジスタに比べれば、ましな方です。(笑)
パイプドHDの情報漏えいと言い、このところ災難続きです。
お陰で此方は、プラチナ60kg以上買える金額が融けちゃいました。(TT)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です