必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

セーブして行く!

今日は夏至、昼間の一番長い日で、瑞穂の国日本では田植えが始まり、湯河原の蛍の終わるころ合いです。^^
さて瑞穂と言えば、昔同名の国会議員さんが安保も自衛隊も不要と叫んでいたのを思い出しますが、同氏の言う通りにしていたら、今頃日本はイスラム国か北朝鮮の占領下にあるか、中国の属国になっていたかもしれませんネ!(^◇^)
さて週明けの月曜日はこれまで相場を押さえていた、米大統領選挙と、英欧州離脱問題が、世論調査の動向が改善したとして楽観論が芽生え、急騰しました。
まあ行き過ぎの修正局面ともいえる場面ですが、空売りの買戻しが中心の相場だけに、「小回り3日」とすれば、明日あたりまでは堅調を維持できるかもしれませんが、ドル円が再び103円台を付けていることから、上昇も限定的でしょう。


またその後は以前書いたように24日には「クリントンキャッシュ」の放映が始まりますし、ヒラリーのメール疑惑が消えたわけでもないので、大統領選挙は再び「非難の応酬」に突入しそうです。
日本は3月末の決算発表が終わり、株主総会の季節に突入し、今週末の英国の国民投票が終われば、株価を動かす材料は極端に少ない季節に入ります。
そんな場面で動けるのはやはり小型材料株でしょうから、個人投資家には向いているかもしれませんが、現状ではマザース崩落の整理が終わっていない為、物色の動きも限定的で、迫力がありません。
そういえば先日、日本ハムの大谷正平君が試合に勝利した後で「長く投げたいから力をセーブしていた」と161kmの速球を投げて言ってました。^^
大谷君のような速球は投げられませんが、暫くは此方も力をセーブしていくつもりで、何時もは100%~150%の投資金額を、現在は60%~100%まで落としています。(^◇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です