必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

元気の元

注目の5月米雇用統計の数字が3万8000人増と16万程度だった予想を大きく下回わり、ドル/円が106円台と大きく円高に動いている為、月曜日の東京市場は再び売り物に押されそうです。
さてこうなると6月の米利上げは無くなったと見てよく、利上げ判断は来月以降に先延ばしと見るべきですが、次は大統領選が近づくことから、今年最大かもしれない、「トランプリスク」が動き出します。
これでこの夏の相場はゲリラ戦となるのはほぼ確実で、動きが見えてくれば、再び注力しますが、マザーㇲの惨状を見ていると、小型株好きの個人投資家の動きも限定的と考えます。
まあ「夏眠」を考えていたお陰で信用買いは全て整理出来ていますし、NISAで買ったsMedioも昨日半分売って、出資金以上を回収しましたので、残りは全て利益となりますから、気が楽です。(^◇^)


さてかなりストレートに言ってしまえば、
「米大統領選終了まで相場はダメ」
と思っている訳ですが、それでもパイプドHDのように既に調整が終わっている株が大きく下げるとも思えず、6月18日のAKB総選挙や、7月の参議院選に向け、ネット選挙システムを保有する選挙関連銘柄として、急騰するのを期待している自分がいます。(笑)
実際パイプドHDは他にも「政治山」と言う、選挙情報サイトも保有していますから18歳の選挙権が注目される今年は、話題にはなりやすいでしょう。
相場はダメと言いながらも自分の保有株は急騰すると思っている分けですから、相変わらず「ノーテンキ」なことですが、まあこれが「爺の元気の元」なのです。(^◇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です