必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

MRTとのシナジーを狙う!

昨日押し目を入れたメディカルシステムネットワークを買い増ししてみました。
理由は同社のyahoo掲示板を調べたところ誰もポケドクと関連付けておらず、日本郵便と提携して薬の宅配を始めるとの報道だけで買っており、ポケドクと連携すると発表されたらぶっ飛ぶと思ったからです。^^
また、IRに電話して話を聞こうとすると、物凄く話し難そうで、何も教えてくれないことから正式発表が近いと感じたこともあります。(^_-)
またMRTも4日に「ニューロスカイジャパン株式会社とウェアラブルデバイスを用いた
生体信号データを連携」
を発表しているのですが、会社の手違いでI会社のR欄に載らなかったことから見落としていました。
ウエアラブルデバイスによる生体観察はどちらかといえば、予防医療を推進するライザップに利用価値が大きそうですが、サービスが始まる前からポケドクの用途は広がるばかりです。^^


メディカルシステムは医療・介護事業者と連携した「サービス付き高齢者住宅」の企画・運営や、医師向けの開業支援サービスなど、元々MRTとは極めて親和性が高い事業も行っており、両社が提携すれば同業他社を蹴散らすだけでなく、高いシナジーが得られるでしょう。
先日も書きましたが、ポケドクのサービスには調剤薬局との提携が不可欠と感じていたことがあり、調査していたのですが、提携するならメディカルシステムが理想的と思っていた矢先の、日経による薬の宅配事業報道だった為、ド・ストライクが来た感じだったのです。^^
しかも現状では日本郵便と提携しそうな調剤薬局でしかなく、ポケドクとは関連付けられていませんから、MRTに重ねて買ってもリスクは分断されています。
あとは、報道だけで実際に日本郵便との提携が実現しないリスクですが、これも郵政が民営化している以上事業領域を広げたいのは山々で、郵便側が断る理由は見当たりません。
とは言え現状では単なる思惑の域を出ていないのですが、利益水準からは割安感があり、この思惑は当たると思っています。(^◇^)

2 Comments

heikurou

タンタカタンさん
おー初めてのコメントですね。^^
ありがとうございます。
ネットワークですね。
すぐ修正します。
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です