必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

プラチナ業界の陰謀に加担!!(^O^)/

田中貴金属が今日からオーストラリア(23時訂正:オーストリアです。以下修正済み)造幣局が鋳造する資産用地金型プラチナコイン「プラチナウィーンコイン ハーモニー」の発売を始めます。
このプラチナコイン、オーストリア造幣局が初めて発行するもので、今回5000枚発行する内の7割にあたる3500枚を日本で販売するそうですが、この売れ行きに注目しています。
同社のプラチナ販売が昨年会社始まって以来の量だった事や、近年最低に近い現在の価格を考えると、金額で5億円に満たないプラチナコインなら「瞬間蒸発」すると見ていますが、これは多分「プラチナ業界の演出」だとも思っています。^^
即ちプラチナ人気の高い日本で、「瞬間蒸発」を演出することで、世界的プラチナブームを呼び起こしたいのでしょう。(笑)
ただ投資業界にも「初物は買い!」という格言があり、この演出には乗ってみます。(^O^)
元々平九郎最近の好調はFUJIYAMAで講演した「林則行氏」の教えに従ったもので、全ては林氏のお蔭とも言えるのですが、その林氏は資産をGOLDにすることを推奨しています。


最もメモを長年見ている人なら分かりますが、その林氏に会う前から平九郎もGOLDを買うべきと言っており、それは今でも変わっていません。
ただ林氏と違って平九郎は貧乏なので、GOLDを買う資金を株で稼ごうと思ってい運用している訳です。(笑)
今回はGOLDならぬプラチナですが、日本から貴金属ブームが起きるとすればGOLDより安いプラチナから始まると思っていただけに、今回のプラチナ業界の陰謀に加担することにしたわけです。(爆)(^O^)
PS.注目中のパイプドHDの決算発表は今日5時ですから、内容が分かるのは明日になります。
追加情報:未確認ですが今朝のNHKで、ポケドクを紹介していたという情報があります。
(^O^)/

2 Comments

ぴのこ

こんにちは
mrtは、平九郎さんの予想どおりですね。
プラチナについては、私もテレビで見ましたが、今回はオーストラリアでなくオーストリアだったような~
テレビを見ながら、ザッハトルテのことを考えてたので 笑

返信する
heikurou

ぴのこさん
あら~~間違いちゃいましたね。^^
ウイーンコインですから、オーストラリアは無いですよね。(笑)
失礼しました。<m(__)m>
ただMRTはまだ予想通りでは有りません。
今の予想は初期段階でミドリムシの最高時価総額2700億円を抜くことですからまだまだ遠い先のことです。
もっとも遠い先と言っても先に初期段階と言っている以上半年以内ですが。(笑)
平九郎(^O^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です