必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

株が弱いはSQまで!

暑さ寒さも彼岸まで!株が弱いはSQまで!と思っていますが、巷では3月10日の今日は暴落説まであるようです。(笑)
暴落説はECBの金融緩和が期待外れになることを考えての事のようですが、期待外れを警戒する中では、外れても暴落などしませんから、予想は外れるでしょう。(笑)
むしろ日本株は裁定残も十二分に減少し、信用残も大底圏、原油や中国株、米ジャンク債市場等の外部環境が好転した現在、明日のSQ終了後から3月期末に向かって、上昇相場が続くと考えています。
では何を買うかと言う所ですが、この所書いている小型株以外なら、流行の日経レバ225や、配当の高い売られ過ぎの銀行株などが候補にはなりそうですが、気になっているのはオリックスに代表されるリース株です。


だいたいリース会社は金利低下は大歓迎のはずで、その証拠に四季報電子版でもリース各社は軒並み増額修正されており、なぜ株価が上がらないのか分からないのです。
しかもオリックスも、他のリース会社同様増額修正する可能性は高く、配当も3%近くありますし、優待も充実しているのに拘わらず、株価は殆ど動いていませんから、不思議で仕方がありません。
まあ時価総額の大きい株だけに、外国人が売り越し基調の時に上がるのは無理なのでしょうが、外国人が買い越しになる時は相場の中心となるかもしれません。
従って現在では優待用に最低単位だけ保有して、相場の動きを見定めたいと思っている次第です。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です