必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

パイプドHD減額修正

景気指標が堅調としてNY市場が348ドル高する中で、昨日主力株のパイプドHDが、今季予想と、中期計画を減額修正して急落してしまいました。(TT)
ただこの減額修正、中期計画最の最終年度の来期は、「四季報予想」から見ると、大幅増額修正なのです。(笑)
まあ中期計画を建てた時は、利益5倍増を計画でしたが、2年経過した現状の数字なら来季に達成できると思っていませんでしたし、四季報の予想は妥当なものだったと言えるでしょう。
しかし、今期利益を減額修正した現在、来季の予想を四季報がどう出してくるかは見もので、会社の修正後の中期計画をみれば、大幅増額修正となります。
実際同社を見続けて来たものとすれば、同社の経営に落ち度はなく、現状は「ジャンプの為の沈み込み」と判断せざるを得ませんから、今回の減益修正も甘受するしかありません。


今回の減益を織り込み、中期計画の修正も織り込むには、2~3日は掛かると思っていますが、減額を織り込んだ後は、今度は「四季報予想値より大幅増額修正」を織り込みに行くと考えています。
従って、同社の成長性に疑いを持つこともなく、株価は保有を続けますし、むしろ買い増しのチャンスかもしれません。^^
また一昨日オプティムに連れ高したMRTは昨日も値を保ちましたが、オプティムの材料は全くと言うほど同社と関連の無いものにものだっただけに、同社浮動玉の減少を感じさせています。
チャートは理想的だけに、1つ材料が出れば上放れると、これも楽しみにしています。(^O^)

4 Comments

はにわ

今回のパイプドHDの業績修正と中計見直しは個人的には腑に落ちるものでしたが、やっぱり売られてしまいました。
なお、中計は努力目標の色彩が強いと思ってますので、来月頭の来期計画も中計どおりで出してくれたら、個人的にはサプライズ感があります。
四季報には、足元の沈みこみのみが反映されそうでイヤな予感の方が強いです。何にせよ時間がかかりそうですね。

返信する
heikurou

はにわさん
パイプは売られはしましたが、反応は冷静と言えます。
四季報は最初から懐疑的だっただけに、今回の数字をどう見るかが問題ですが、少なくとも来季の大幅増益予想は間違いないと思いますよ。
しかし、株主に苦労ばかり掛けるヤンチャな会社です。(笑)
平九郎

返信する
かめきち

こんばんは
「3ケタまでは買わない」
と言って我慢しておりましたが、昨日・今日とずいぶん買ってしまいました。
今の株価は成長性のプレミアムがゼロ評価になっていると見ています。
来期1Qはヘボ決算、後はスルスル伸びて会社予想に着地を期待していますが、どうなりますやら・・・

返信する
heikurou

かめきちさん
正解だと思いますよ。
同社が成長の芽を多数抱えているのは間違いありませんし、社員のモチベーションは高く、商品の競争力も高いです。
持ち続けることに何ら不安は感じていません。
平九郎(^O^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です