必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

時価総額50億は安い!(^O^)/

大底を打った~~!!(^O^)/
と言いたいところですが、残念ながらその実感は有りませんで、この上げはショートカバーの中間反発としか思えないのですが、それでも海外で円安が進んでいますからパニックは治まります。
もっともここまでの急激な為替や、株価の下げに「固まっていた!」だけの現物中心の投資家が動き出すのは今日からですから、大きな流れが変わったと見ています。
即ち長期持続的な円安の前提から、「大幅な円高も有りうる」への転換ですが、同時にそれは「増益から減益へ」の転換になる為、機関投資家はポートフォリオの組み立てを根本から変える必要が出てきます。
また大地震の後は、火を消し安全な場所へ避難することになりますが、相場も一緒で「個人なら信用を整理し、機関投資家は現金比率を高める」事に成りそうです。
ただ個人的には昨日の戻りで、今後の動きの遅そうな銘柄を外し、MRTを買い増ししました。(笑)


理由は簡単「遠隔診療のシンボルストックが時価総額50億なら安い」と言うことですが、先日はパニックになった個人の信用売りで急落したものの、元々17万株程度の信用残でしたから、継続性はありません。
第一、外人も投信などの機関投資家も保有していませんし、他に株を売りそうな大株主もいませんから、残りは約65万株の浮動株だけで、金額にして12億円程度です。
しかも「大化け株の条件」に全て当てはまり、自分でも同サービスを待ち望み、対象は世界中の人や、動物にもなりうると思うと、カネがあれば浮動株全てを買いたい位です。(笑)
今日は定期通院の予約を入れてあり、此れから出かけるのですが、長時間待って診療2分の待合室は結構苦痛なのです。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です