必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

まだ生きてるぞ~!!!!(^^)!

温かいはずのシェルターのMRTがストップ安と天井が突然崩れ、生き埋めになっていましたが、さきほどようやく這い出て来ました。 _| ̄|○   _| ̄|○  _| ̄|○ (笑)
その上NISAで買ったSmedioの本決算はボロボロで、デジタルガレージ中間決算も悪く、ファンドは惨憺たる有様で、まるで竜巻にあったようです。(TT)
しかも竜巻はまだ近くにおり、猛威を振るっていますから、例えシェルターの天井が崩れても出る訳には行きませんで、幸い崩れた天井の信用残は薄い為、此れを機にシェルターを掘り広める積りです。(笑)
さて強烈に下げた日経平均ですが、ここまで下げると担保不足により入金を促される投資家が増えますが、入金が出来ない事も多く、その場合は「強制執行」と言うことで、証券会社のほうで、自動的に売ってしまいます。


これに文句を言っても、信用取引を始まる時の約款に記載されていることから、止めるのは無理で、株の持つ価値などとは関係なく売り出されますから、所謂「叩き売り」されてしまうのです。
従って、昨日出た担保不足は、月曜日中に不足分を入金するか、建玉を切らなければなりませんから、戻りには売り物が待ち受けていますし、大引けが安ければ翌日も同じことが繰り返されます。
その為水曜日位までは無理は禁物で、特に信用残の多い株は要注意です。
週末のNY市場が313ドル高いと言っても過大な期待は禁物で、信用の整理が一巡するまでは、資金に余裕があっても下値に指値を這わせ、大人しくしているほうが無難ですね。(^O^)

2 Comments

suzume

こんにちは。
本当にバイオレンスな相場ですね(笑)
私の保有銘柄は逆指値をセットしていましたら早いうちに損切りになり、手元に現物株はもう殆ど無く、同時に日経レバETF(1570)を空売りしていたので大きな被害がなく助かりました。年初からの下落相場でポジションを軽くしていたのも幸いしました。
しかし流石にここまでくれば、リバウンドもありそうなのでそろそろ買いを検討したくなってきました(笑)月曜日、小さめのポジションで下の方で指値を入れてみようかと考えております。
勿論明日がどうなるかはわかりませんし、ここから切り返して上昇するのか、はたまたこれが下降トレンドの始まりなのか予想などできませんが、とにかく生き残ってやろうとは思っています(笑)
ただ・・・オリンピックまでは長期上昇相場であって欲しかったですけど、ちょっと雲行きが怪しくなってきましたね。残念です・・・

返信する
heikurou

suzumeさん
それは素晴らしですね。
此方は年初に信用が目いっぱい建っていたので、危うく
死にそうでした。(笑)
まあ大部分がその後切り返したインフォコムだったので助かりましたが、決算急落型の銘柄でも買っていれば大変でしたね。
此方も、寄付きは兎も角、午後は分からないだけに今日は上値を買うのを止めときます。
ただ評価損率20%からの急落ですから、担保不足の嵐で信用の整理が一巡するため、来週は穏やかになるのは間違いないと思っています。(笑)
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です