必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

大嵐!! 今現在ドル/円111円台。

居酒屋の帰り、夜道を歩いていると下弦の月が目に映りました。
これはどうも株式相場も一緒で、最近は月と同じく光は失われるばかりです。
しかし月も、相場も、後数日で満ちはじめるのは間違いありません。
ただ月のない暗い夜を過ごすにはそれなりの準備が必要ですが、メモの読者なら今後も大幅な下落が予想される、円安メリット株を抱えていることは無いでしょうから、その場から動かなければ数日で嵐は過ぎ去さると思っています。
残念ながらメモもここまで早く、暴風が吹くとは予想できませんしたが、円高の嵐は予想していただけに、「危険愛好家」としては結構この嵐を楽しんでいます。(笑)
しかしながら「株式投資は生き残ることが一番大事です。」と喝破したのは先日FUJIYAMAで講演した10億円男のDAIBOUCHOU氏で、これは平九郎も全く同意見です。^^
最も円安メリットとは関係がない銘柄も大きく売られていますから、自身も全身傷だらけなのは間違いありませんが、後数日で両者は切り離されると思うのと、直前でシェルターを見つけて避難したので結構呑気です。(^O^)


むろんシェルターの名前はMRT(メディカル・リサーチ・&テクノロジ-略)ですが、時価総額60億・浮動株65万株と言う極めて小さいスペースながら、外人・機関投資家売りという暴風雨は完全に遮断でき、しかも国策支援と言う温かい火種まで備わっています。(笑)
従って当面の戦略としては、このシェルターで嵐が過ぎるのを待つ積りですが、余りに温かすぎて太り過ぎるのが心配で、今朝一緒に買った相場歴の長い友人が、この株が16,800円になった夢を見たと電話して来ましたが、それでも時価総額は500億もいきません。(笑)
さて日経平均が暴落する中での昨日の同社は8.88%高!
なにやら縁起が良く、中国人が喜びそうな上げ方で、「平九郎版超大化け株の条件」に完全合致しているだけに、相場に春が来ても簡単には手放さない積りです。(^O^)/
超大化け株狙いの十か条
1. 時価総額が100億円以下の小型株
2.チャートが長期揉みあい離れか、上場後まもなくで、上値のシコリも信用残も少ない。
3.為替や金利、原材料価格等に関係なく成長する会社。
4.反社会的でなく、国策に沿い、加速度的利益増が期待できる。
5.売り上げが伸びている企業かまたは伸びる事が読める。
6. 大株主に投資事業組合や、ベンチャーキャピタルの名前が無く、投信の保有比率
は10%未満である。
7. 事業の対象が多人数で、かつ分かりやすい事!
8. 参入障壁が高いオンリーワン企業か、ライバルが少ない企業。
9. 近く大きなカタリストが予想できる。
10.経営者が悪人顔で無い。(^O^)/
以上

3 Comments

K太郎

いつもお世話になります。
今までFUJIYAMAでも3回お世話になりました者です。その節はどうもありがとうございました。
もし差支えなければ教えていただきたいのですが、
「6. 大株主に投資事業組合や、ベンチャーキャピタルの名前が無く、投信の保有比率
は10%未満である。」
とはどんな理由からなのでしょうか。

返信する
heikurou

K太郎さん
毎度御贔屓ありがとうございます。(笑)
これは投資事業組合や、ベンチャーキャピタルと言うのは事業を育てて、資金を回収するのが仕事ですから、株価が上がれば売りたいわけです。
従って上値には大口大量の売りが待ち構えている訳ですから、大化けはし難いのです。
また投信も理由は同じで、日本の投信は比較的投資期間が短く、株価があがると売りに回ることが多いのと、投信が多量に保有しているということは、既に好材料が株価に織り込み済みと考えてください。
平九郎(^O^)

返信する
K太郎

なるほど。
どうもありがとうございました。
またFUJIYAMAにも参加したいと思っています。
その節はよろしくお願いいたします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です