必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

午前中まで?

昨日は大幅に上がった日経平均ですが、NYダウは253ドル安、原油は35ドル台と円安を考慮しても、空売りの買い戻しも一巡していることから、既に戻りイッパイかなと考えています。
だいたい、円安要因は米利上げで先の先まで織り込みましたから、後は何が有っても円高に振れると考えており、最大手証券の為替アナリストが130円等と言っても、ここは思いっきり逆らい、来年は強烈な円高を唱えます。(笑)
また今日の日銀金融政策会合で、追加緩和などと唱えるアナリストもいますが、株価が暴騰している時に、金融緩和する中央銀行総裁がいたら見てみたいもので、これは絶対ないと思っています。(笑)
さてもし自分が悪いヘッジファンドなら、今日は日銀金融政策会合が終わる午後から売り仕掛を考える場面です。
理由は追加緩和が無い事が世界的に見れば格好の売り材料になる事と、日銀のETF買いが3兆円の満額を迎えていることや、ジャンク社債や、南ア・ブラジル・アルゼンチン等のデフォルト不安など結構沢山あります。


なにしろ株はショートカバーが終った直後が買いのエネルギーを放出した後だけに一番下げやすい上、急激な株価の上げに買いの指値が付いて来れないため、少しの売りで値が崩れやすいのです。
しかも株価を押し下げる裁定解消売りの原資となる裁定買い残高は依然高水準であり、売り崩しには好条件が整っています。
幸い平九郎は良い投資家なので売り崩しなどしませんが、悪いヘッジファンドは狙っていそうです。(笑)
売りたい株は、今日の午前中マデに売るのが正解と考えます。(^O^)
良い投資家じゃなくて単に資金力が無いだけだろう。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です