必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

丸投げできるストレスチェック

先日メモに書いたMRTが、昨日突然ストップ高を付けましたが、材料は日経電子版にポケットドクターの関連記事が掲載されたからです。
しかし会社発表があった訳でもなく、買い気配の株数も少ない為、IRに問い合わせた所、今年中の発表もないとのことなので、このまま上昇するには無理があると判断して昨日大部分は売却してしまいました。
上がったら諦めるしかないのですが、下がったら買い戻すことを考えます。(^O^)
さてそんな中、昨日デジタルガレージが東証1部上場を取締役決議したとIRがありましたが、此方は株主総会で社長が言明していたことでもあり、サプライズも無い為影響は今一つ読めません。


まあ新興市場に投資家の目が向いている時だけに、これでボックス離れでもしてくれればラッキーだと思っていますが、最近の期待はむしろ12月から始まる「ストレスチェックの義務化」です。
これはパイプドHDが大本命で、理由は同社が5年前からストレスチェックを毎月実施していることから、システムは開発済みであり実績もある為、運用を全て同社に丸投げできる「クラウド型ストレスチェックサービスこころの健診センター」 を11月から既に開始しています。
導入する側にとってはシステム費用ではなく、福利厚生費となりそうですから、財布が違い同社の1万社を超えるという顧客にも売り込める為、業績に与える影響も大きそうだからです。(^O^)

2 Comments

ぴのこ

おはようございます
デジタルガレージ、良い感じですよ~(´▽`*)
ところで↓の記事の野々村くんですが
彼は大阪の名門・北野高校卒業なんです
留年しているから、入学後はなじめなかったんだろうけど
それで、大阪の人は野々村君のことはなかったことにしています 笑
ほとんど話題になりません。
大阪は国立・府立高校がメインで私立よりレベル高いんです。その中でも北野は別格なんで。
彼の特異な性格は北野でついていけなかった挫折のためかな~と。
株に関係のないことで、ごめんなさい

返信する
heikurou

ぴのこさん
野々村君のことは無かったことにしますが、デジタルガレージは揉み合いを抜けそうですが
ただ出来高が足りないため、完全に揉みあい離れとなるにはもう少し時間が掛かりそうです。(^O^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です