必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

社長はマジ!(本気)

来週も多くの企業中間決算発表が続きますが発表が終ると、今期業績はほぼ見えたとばかりに、投資家の目は次第に来季の見通しに向いてきます。
株式相場は先を読むゲームでもありますから当然ですが、昨日メモにアナリストレポートを載せたパイプドホールディングは次の決算こそが正念場で、中期計画では今季8.2億円予想の営業利益を28億円にする予定だからです。(笑)

ところが四季報の予想を見れば分かるように、まだ誰も信じていないと言うのが本当のところで、アナリストの意見も「現状からして不可能ではない」と消極的賛成に留まっています。
しかし、同社をここ1年見続けた平九郎の判断では、「社長はマジ(本気)」です。(笑)


その為、来年2月の本決算の時に出る会社の「来季予想」は28億円で出て来るはずですが、現状では、四季報はその通りには掲載しないでしょう。
上記アナリストと同じように「不可能ではない!」にしても、28億円は余りに大きく、「確信する」には未だ少し説得力が足りないからです。
しかしながらアナリストが淡々と書いているように、増益に向けて様々な手を打っている事と、為替や世界景気に殆ど影響を受けない同社にとって、今の環境は最高なことから28億円は無理でも「ソコソコの数字」は出そうです。
で、「ソコソコの数字」とは現状の平九郎の判断では目標の70%程度です。(笑)
営業利益20億円程度と言うことですが、今期が予想通りだとしても約2.4倍の大増益ですから結構凄いんです。(^O^)/

3 Comments

ぴのこ

さっき、大株主の大量保有報告書(マイナスのほう)が
出ていました
ジャブジャブとまでいかないけれども・・・orz

返信する
heikurou

ぴのこさん
東山氏のは以前提出日を間違えて出した分を出し直したものですね。
HD化に反対票を投じた大株主からの買い取りですが、会社は1700円絡みで買ったようですから、ずいぶん高いところを買わされました。
ただ、自社株買いと同じ効果ですから、ROEは上がります。(^O^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です