必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

土台は出来た!

昨日は郵政一色で、株価は売り出し価格を上回り、お祝いムードのなかで祭りが終わりました。
自分では買っていませんが、売り出しに応じた多数の投資家が全て儲かっている訳ですから、今後の市場与える影響は大きいです。(^O^)
不動産バブルの時も、NTTの売り出しが既に動きだしていたバブルに火を付けた感がありましたが、今回も同様の期待は膨らんでいるものの、期待通りになるかはまだ分かりません。
しかしながら、業者から見ると、投資家が株式投資を始めるにあたっての最大の障害は入り口である「口座開設」であり、NISAでの口座作りに加え、今回の郵政グループの口座作りと合わせての上場成功は、今後の相場にとって極めて大きな影響を与えたと言えます。
これで低金利下の口座開設急増と、初投資が儲かったことことによる投資家心理好転で日本のバブルが復活する「必要要件」は全て整いました。(^O^)
ご参考:パイプドホールディングの11月2日付けのアナリストレポートがでました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です